はじめてのデートでドライブに誘う?

はじめてのデートでドライブに誘う?

ドライブもはじめてのデートでは一般的なコースですが、男性がドライブに女性を誘う場合には注意が必要です。

 

ドライブには音楽が欠かせませんが、音楽もまた人によって好みがはっきりしています。

 

例えば男性でも女性でも、クラッシックが苦手なのに長い時間クラッシックを流されたら、それは苦痛でしかありません。

 

同じ様にヒップホップが苦手な方にはうるさいだけですし、また音楽に独自のこだわりがある女性の横で所謂その時に流行のヒットソングなどを流すと、こだわりのない男性、ミーハーな男性だと価値観の違いを実感させてしまう結果にもなりかねません。

 

要注意なのは秋葉系の男性ですが、自分の好きなアニメ系の主題歌や挿入歌をご自身で編集していることが多くあります。

 

女性も秋葉系なら何の問題もなく、車内はアニメの話などで盛り上がりますが、そうでない場合は確実に引かれます。

 

どうしてもドライブに誘いたい場合には、ヒットチャートベスト10などにランキングされるような無難な歌を選曲することをお勧めします。

 

もちろん、はじめてのデートだからと言って、自分の世界を隠したり我慢することは、その後の関係が続かない可能性もあり、誰でも本当の自分を知って欲しい、という願望はあります。

 

けれどいきなりはじめてのデートで自分のすべてを分かってもらおうとするの無理です。

 

こうしてはいけない、こういうことは避けた方がいい、というデートマニュアルなどに載っている注意事項を守っていると、本当の自分を出せずにフラストレーションが溜まる方もいらっしゃると思いますが、何しろ相手とデートするのがはじめてなのです。

 

デートに誘うくらいで、相手もついてくるくらいですから、お互いに関心があるのは間違いないと言えますが、女性がどの程度の割合で自分を好いているかはまだ分かりません。

 

まだ相手の関心がそれ程自分に強くない場合に、いきなり「本当のオレを見てくれ!」とすべてを公開して価値観をさらけ出すのは危険です。

 

何度もデートを重ねて相手も自分に恋愛感情や愛情を持ってからなら、たとえ合わない価値観でも受け入れる気持ちになります。

 

理解しようと試みてくれるはずです。

 

それがまだあまり良く知らない、あるいはそれ程強烈な関心がない相手に、理解しにくい、自分の趣味ではない世界を押し付けられても戸惑うばかりです。

 

また、こうした気配りは、女性に対してだけではなく、同性に対しても言えます。

 

同じ空間にいる限り、流す音楽はお互いに苦痛でなく、共に楽しめるものをチョイスすることは礼儀でもあります。

 

合わない音楽を流すのは、煙草を吸わない人の前で煙りを吹かすようなものです。

 

煙草に関しては気を使う人は多くても、案外音楽に関しては相手の感情を考慮しない人が多くいます。

 

ドライブデートを成功させるのは音楽が重要なポイントになります。

 

◆ドライブでのデートで気をつけたいこと◆ドライブデートではじめてのデートが失敗する原因は音楽だけではありません。

 

男性のドライブの方法です。

 

普段はやさしく温厚な男性がドライブ中に性格が変わる、というのはよく聞くことです。

 

女性が怯えるようなスピードで運転したり、あるいは他の車や歩行者、渋滞に対しての罵倒などが嫌われる原因です。

 

女性でも運転中に人格が変わる人がよくいますが、本人は意識しなくても、ドライブ中に普段言わないような乱暴な言葉を吐いたり、何気ない舌打ちに同乗者は敏感に反応します。

 

本人には通常のことですし、不快感を口に出して抗議する女性は少ないので、はじめてのデートがうまく行かなくて原因が分からない、と困惑する男性はご自身の言動をもう一度思い起こしてみましょう。

 

また、細かい気配りとして、女性がトイレに行きたいと主張しなくても、こまめにドライブインに入るなどすることは大切です。

 

長く付き合っている恋人が相手ならともかく、はじめてのデートの相手に、トイレに行きたいと切り出すのは結構女性にとっては勇気がいるものです。

 

はじめてのドライブデートのアンケートでも、トイレを我慢して辛かった、という意見は常に上位に上がります。

 

男性から自然にトイレに行けるように車を止めて貰ったりすると、女性にはとても楽です。

 

たとえご自身がトイレに行きたくない場合でも、時折用を足すふりをするなどの演出をする男性はもてる男性です。

 

自分の行きたい時にだけトイレに行ったりするのは配慮が足りない、といわざるを得ません。

 

ましてや渋滞などに苛々している男性に向って、「トイレ・・」とは益々言いにくいものです。

 

また、ドライブの目的地ですが、いきなりあまり遠距離に車を走らせるのは女性を不安にさせます。

 

確認があれば別ですが、あまり遠くに行くと、帰りの心配で女性は気が気でなくなってしまいます。

 

勝手に遠くに行き過ぎ、運転に疲れたから今日は泊まっていこう、などと女性を誘う男性も多くいますが、女性からしてみたら強引で印象が悪く、また帰ろうとしても車で遠くまで来ているので、帰ることが難しいという状況に置かれてしまいます。

 

さらに女性と泊まることの誘い文句として、帰れないから、というのは「仕方がない」というニュアンスをかもし出してよくありません。

 

君が好きだから、今晩は一緒に過ごしたい、などと言われたら女性も悪い気はしませんが、勝手に遠くまできて宿泊を強要するのは強引過ぎますので、注意しましょう。

 

はじめてのデートでは焦らないことが肝心です。