デートに断られてもめげずにまた誘う?

デートに断られてもめげずにまた誘う?

女性をデートに誘ったのに断られてしまったら復活できないほど落ち込んでしまいます。

 

断わられるのが怖くてはじめてのデートに誘えない男性も多くいます。

 

あなたとデートする気なんてない、ごめんなさい、そんな風にあなたのことを見ていなかった、今は忙しくて・・・どんな言い方をされても断られれば傷つきます。

 

けれど、断られることを恐れていたら、いつまでたってもはじめてのデートは実現しません。

 

もてる男性は断られることに慣れている場合があります。

 

ダメもとで誘っているのです。

 

恋愛の対象として自分を見ていないなら、見てもらえるように仕向ければいい、忙しいなら、忙しくない時期を狙う、などポジティブシンキングで行動します。

 

案外女性もいきなりの誘いに1度でOKするのははしたない、と考えているところがありますので、1度目には断っても2度目に誘ったらOKする、というケースも考えられます。

 

プライドの高い女性だと、何度も誘われなければデートの約束をしない、というルールをつくっている方もいます。

 

また、一度断ったらそれ以降は誘わないなんて、私のことをそんなに好きじゃないんだ・・・という複雑な乙女心もあります。

 

もちろん、本当に女性がデートする気がないのにしつこく誘うことはストーカー扱いされる可能性もあるので、一概には言えませんが、ヒットしたドラマでも、よく冴えない、もてない男性がもの凄い美人を熱意で口説き落とす、というストーリーがあります。

 

デートに誘われたり口説かれるのは女性にとっても男性にとっても悪い気はしません。

 

はじめはその気がなくても、好意を示され続けると、段々相手のペースに飲まれていつの間にか恋愛感情が芽生えていた、ということもよくあります。

 

魚心あれば水心です。

 

まずは相手に関心があることを、口に出して、あるいは行動で相手に示すことです。

 

うかうかしていると、他の積極的な人間に奪われてしまいます。

 

それに行動を起こして相手が自分に関心がないことがはっきり分かれば、気持ちを切り替えて早く次の相手を見つけることができます。

 

片思いも時に愉しいものですが、現在は何だかんだ言ってもキーワードはスピードです。

 

片思いより両思いの方が愉しいに決まっています。

 

また、実際に二人でデートしてみないと、本当の相手の性格というのは分からないものです。

 

それまで恋愛感情を抱いていた相手でも、実際にデートしてみたらマナーが悪かったりして相手の本質が見えてくることもあります。

 

行動を起こさずに気持ちだけ抱えているだけでは相手を知ることはできないのです。